• HOME>
  • 導入事例>
  • 「株式会社鳥取銀行 米子営業部様」環境配慮型店舗のモデルケースとして基幹店舗にEMSを導入

導入事例

株式会社鳥取銀行 米子営業部 様 | 環境配慮型店舗のモデルケースとして基幹店舗にEMS(エネルギー・マネジメント・システム)を導入 | 2016年10月にリニューアルオープンした米子営業部にエネルギーマネジメントシステムを導入しました。 | 導入製品/サービス:エネ達 デジタルサイネージ

INTERVIEW画像:株式会社鳥取銀行 米子営業部 副部長 田中 秀明 様

INTERVIEW
株式会社鳥取銀行 米子営業部 副部長 田中 秀明 様
ー エネルギーマネジメントシステム導入について
米子営業部のオープンにあたっては、エネルギー効率が高いガス式空調システムを導入する他、モデルケースとしてEMS(エネルギー・マネジメント・システム)を導入してエネルギーの「見える化」と空調運転の効率化を進めることとしました。まずは自らが取り組むことで、お客さまにより分かりやすいご提案ができるものと考えています。

写真:インタビュー風景

ー 店舗ロビーにはEMSで計測したリアルタイムの電力使用状況を表示するサイネージを設置しています。
地域の地球環境対策のサポートは重要なテーマのひとつ。環境保全に向けた取組みを実践される事業者、環境配慮型経営を実践される事業者の皆さまへの環境配慮型融資を推進しています。
ご来店頂いたお客さまに、当行の環境配慮型経営への取組みを分かりやすくご覧いただくことで、お取引先企業へのエネルギー削減・CO2削減ソリューションのPRにも役立てたいと思います。

写真:サイネージを囲む

2016年10月に新築移転オープンした鳥取銀行米子営業部は、中海圏域の基幹店舗で、休日も利用可能な全自動貸金庫を同行で初めて導入する他、金融セミナーが開催可能な大会議室、緊急時の対応を行う災害対策室も備えています。

写真:サイネージ設置箇所1

鳥取銀行は地域密着型金融に取組む金融機関として、金融サービスに留まらず、取引先企業に対する様々な支援に取組んでおり、その一環でエネルギー削減・CO2削減ソリューションの提案・ご紹介を行っています。 鳥取銀行は、米子営業部をモデルケースとして今後、各エリアの中核店舗へのEMS導入を検討しています。

写真:サイネージ設置箇所2

お客さまプロフィール

写真:鳥取銀行 米子支店

導入事例一覧に戻る