• HOME>
  • 事業内容

事業内容

ERMS 事業

私たちはERMS(エネルギー・リソース・マネジメント・システム)による、誰もが安心、かつ積極的なエネルギー活用ができる「未来の電力システム」の一翼を担います。

近年日本では大きく2つのエネルギー変革点がありました。

  • ・石油危機を発端としたエネルギー効率の改善運動(=エネルギーを使う量を減らそうという動き。)
  • ・東日本大震災の影響によるピーク時の電力需給ひっ迫問題(=一度に使われるピーク電力需要を抑制しようという動き。)

これらの変革点から「電力需要・電力供給」の構造には大きな変化が訪れています。

主な電力の需要・供給構造の変化

電力自由化
  • ・発送電分離
  • ・電力小売りの完全自由化
  • ・電力卸取引市場(JEPX)での事業者間の電力取引開始
電力分散化
  • ・電子力発電の長期停止に伴う、供給電力源構成の変化
  • ・蓄電池、コージェネ発電など自己調達手段の多様化
脱炭素化
  • ・再生可能エネルギーの発電コスト低下に伴う普及
  • ・2016年のパリ協定発効による石炭/石油発電への制限

これからの時代には太陽光・風力発電などの再生可能エネルギーをフル活用することが求められ、また、日々のあらゆる変化に伴った、多様な活用形態・新しいニーズが生まれ続けます。

私たちはそのような状況を見据え、電力の需要・供給構造の変化により生まれる、現在から未来に続く様々なニーズに対して、ERMS(エネルギー・リソース・マネジメント・システム)による最適なシステム開発・サービスを提供します。

ERMS事業イメージ図

ERMS(エネルギー・リソース・マネジメント・システム)
「再生エネルギーの発電量予測」
「蓄電池などのエネルギーを貯める仕組みとの連携」
「エネルギー供給不足時等の需要側エネルギー自動抑制」
などを主な働きとするエネルギー管理システムEMS ※1を大量に集合化し、その「群」自らがエネルギー需給の最適化を促す流れを構築する仕組みを私たちはERMS ※2と名付け、展開しています。

※1 EMS「Energy Management System(エネルギーマネジメントシステム)」の略称。

ERMSサービス一覧

  • 電力需要者向け(コストカット対策)
  • 電力供給関係者向け